追茂です🍠🐥💞

 

カラコン愛用者あるあるなんじゃないかと思うのですが、

カラコンを朝からつけていると、夕方くらいにうっすら充血することってありませんか?

 

結膜炎やキズなどの眼病レベルではなくて、

目が疲れた時の赤みという感じの充血です。

 

せっかくカラコンで目を大きく見せたのに充血で可愛さ半減😂

こうなるのは悔しい!

そう思って

 

🍓なぜカラコンをつけていると目が充血しやすいのか❓

🍓充血をやわらげる方法✨

 

を調べました!

 

なぜカラコンをつけていると目が充血しやすい?

 

それは、カラコンをすると目に酸素が届きづらくなり、

その影響で目に栄養を行き渡らせるために血液が沢山流れて血管が膨張するからです。

 

もうすこし詳しく書きます。

目は酸素を取り込むことで新しい細胞をつくりだしています。

黒目をおおっている透明なレンズ(角膜)には血管が通っていないため、

目の水分を介して酸素を取り込まないと、新陳代謝ができないらしいのです。

そんななかでコンタクトをつけると、

黒目の部分にふたをすることになる

酸素が黒目の部分に届きにくくなる

目が息を止めているような状態になる

目がエネルギー不足

栄養を取り込むために白目の部分の血管(特に黒目周辺)がいつもより頑張って血液を流す

目が充血する

 

このようなメカニズムで目が充血するのだそうです。

 

しかもカラコンの場合は着色部分が目に触れないようコーティングしているためどうしても厚みが出てしまい、

より酸素を通しづらくなっているのが現実です。

この事実はカラコンメーカーも当然承知していて、酸素を通すための様々な工夫をしています。

カラコンはかわいいデザインだけじゃだめなんですね。

 

 

充血をやわらげる方法

 

①目に負担の少ないカラコンを選ぶ👀

カラコン購入時にチェックするポイントは「含水率」

※含水率とは? >>含水率の説明ページへ

 

含水率は、高いほうが酸素を通しやすいようです。

※ただしレンズが潤っている状態をキープすること。

レンズが乾いた状態ではレンズが目の水分を奪ってしまい逆効果です。

 

また、「素材(酸素透過率)」もポイントで

酸素を通しやすい素材が日進月歩で開発されている模様。

ただしカラコンの酸素透過率はまだまだ開発中というメーカーが多いようで、

商品説明ページに記載がなく、比較が難しい場合が多いです。

 

♡高含水率レンズ⇓⇓

高含水率(55%)に加え、着色直径が大きすぎないせいか、

目が疲れにくい気がします!

私はこのカラコンだと充血しません。

 

②こまめに目に潤い補給をする🐳

目が乾燥すると充血しやすくなるようです。

また、高含水率のカラコンを装着している時にレンズが乾いてしまうと、

レンズが目から水分を奪ってしまうため目薬などでこまめに保湿をしましょう!

ちなみに目の酸素不足で充血が起こっている場合、

血管を収縮させる効果がある目薬をむやみにつけると

逆効果になることがあるそうですので

目薬選びは慎重に!

 

③就寝前に目を温めてほぐす(充血がひどくない時のみ)♨

これは明らかに目の疲れが原因の時に有効な方法です。

😉お風呂でホットタオルをあてる

😉就寝前にホットアイマスクをつける

などなど、目の周りの筋肉の緊張をほぐし、血行促進をすることで

目の疲れが回復し翌日充血しにくくなります。

それだけでなく、眠りに入るのが早くなったり、目の下のクマが改善したり、

様々な効果を私は感じました🍀✨

 

🍎🍏🍎

 

ちょっとした疲れ目なら、これらの方法で充血を回避できるはず!

炎症など目の疲れ以外で充血している場合は

すぐにカラコンをはずして目を休ませ、即眼科で診てもらってくださいね。