追茂です🍠🐥💞

カラコンを購入する時にワンデータイプと1ヶ月タイプどっちがいいの!?と迷っている方へ

この記事では、多くのカラコン愛用者の話を聞いてきてわかったワンデータイプと1ヶ月タイプそれぞれのメリットとデメリット、向いている人をまとめます❗

カラコン選びの参考までにご覧いただければと思います★

 

ワンデーカラコン

そもそもワンデーカラコンとは? >>1日だけ装着できるカラコン。1回使い捨てなので、洗浄や消毒が不要で毎日清潔なカラコンをつけられます。1日中使えますが、1度外したレンズの再装着はNG。

❤メリット

・清潔に使えて汚れによる目の病気は起こりづらい

・洗浄や消毒の手間がかからない

・日ごとに違うカラコンを楽しむこともできる

・種類が豊富

 

💦デメリット

・1ヶ月タイプと比べると割高。10枚で2,000~3,000円前後のカラコンが多い=1日あたり500円前後。

 

◎ワンデータイプがおすすめの人

・毎日のカラコン洗浄に自信がない人

・帰ってすぐに寝たい人

・色々なカラコンを試したい人

・目に炎症が起こりやすい人

・メガネの日もつくりたい人

・学校の日は裸眼、休日だけカラコンなど連日カラコンを使用する必要がない人

 

▽おすすめワンデーカラコン✨

 

白石麻衣さんイメージモデルの「feliamo」。さりげなく目を大きく見せてくれるナチュラルカラコン。

【商品詳細】
●直径:14.2mm 14.5mm(潰さない状態で計測)
●ベースカーブ:8.6mm
●販売度数:0.00~-10.00
●付属品:レンズ10枚
●使用期限:1日使い捨て
●承認番号:22900BZX00118000

価格3,456円(税込)

 

 

渡辺直美さんプロデュースの「N’s collection」。個性的だけど目になじむ、様々なカラーが魅力です。

【商品詳細】
●直径:14.2mm(潰さない状態で計測)
●ベースカーブ:8.6mm
●販売度数:0.00~-10.00
●付属品:レンズ10枚
●使用期限:1日使い捨て
●承認番号:22900BZX00118000

価格3,456円(税込)

 

1ヶ月カラコン

そもそも1ヶ月カラコンとは? >>1ヶ月間使えるカラコン。毎日の洗浄と消毒ケアが必要。30回使えるわけではなく、開封してから1ヶ月間が使用期限。例えば1ヶ月のうちに10回しか使っていなかったとしても、開封から1ヶ月経った時点で交換が必要。

❤メリット

・ワンデータイプよりも割安。2枚で2,000円前後のカラコンが多い=1日あたり100円以下に抑えられるものが多数。

・家に何十枚もレンズをストックしておかなくてもOK

 

💦デメリット

・毎日の洗浄と消毒が必要

・洗浄と消毒がきちんとできていない場合は眼病のリスクが高まる&1ヶ月もたないことがある

・ワンデーに比べると種類が少ない

 

◎1ヶ月タイプがおすすめの人

・コスパ重視の人

・毎日の洗浄と消毒が苦にならない人

・お気に入りのカラコンを毎日つけたい人(使用回数にかかわらず開封から1ヶ月経ったら交換が必要なので、何種類かのカラコンを日ごとに楽しみたい人には逆にコスパが悪くなります)

・1日の中でつけたりはずしたりする可能性がある人(ワンデーは洗浄を前提にしていないため、一度外したレンズを再装着するのはNG)

 

▽おすすめ1ヶ月カラコン✨

ハーフっぽい瞳を演出してくれる「LIL MOON」

【商品詳細】
●直径:14.5mm(潰さない状態で計測)
●ベースカーブ:8.6mm
●販売度数:0.00~-8.00
●付属品:レンズ2枚
●使用期限:1ヶ月
●承認番号:22400BZX00278000

価格1,944円(税込)

 

 

レンズケア参考記事:カラコン長持ちの方法!保存液・洗浄液に秘訣あり【2week/1ヶ月 etc. 】

 

ちなみに私はずぼらな性格でカラコン洗浄が下手⚠かつ家に帰るのが遅く即寝たい日があるので最近は完全にワンデー派です😓

もし自分がきちんとレンズケアできる性格だったとしても、個人的には、少しでも清潔に使えるワンデーのほうがおすすめ。

時々、「ワンデーレンズを洗浄して何日も使っています❗全然問題なく使えてます😉」「1ヶ月カラコンを3ヶ月使ってるけど大丈夫です」という話を聞くことがあります。失明につながるような重篤な目の病気になる人はそういった無理なコンタクトレンズの使い方をしてきた方がほとんどのようです。代わりがきかない自分の目のことを思って、使用方法を守りましょう。目の病気になってしまったら、その治療費のほうが高くつきますよ・・・!