アイシャドウには種類や色が豊富にあるため、どれがいいのか分からない……💦

と悩む方も少なくありません。

特に今のコスメは、デパコスだけではなくプチプラコスメも超優秀 🌟

今回はアイシャドウ初心者の方に向けて、基本の使い方をご紹介します。

INDEX

1. アイシャドウにもさまざまな種類がある

2. 理想の仕上がりに合わせてツールを使い分ける

3. 初心者さんが使いやすいのはアイシャドウパレット!

4. 【基本】実践!アイシャドウの基本的な塗り方

5. 【応用】挑戦!アイメイクだけでなりたい印象に

6.  オススメのカラコンは?

アイシャドウにもさまざまな種類がある

アイシャドウと言っても、いろんなテクスチャーのものがあります。今回はアイシャドウ初心者の方が使いやすい種類を2つご紹介します。

①パウダータイプ

比較的使いやすいのが、パウダータイプのアイシャドウ。

最近は単色アイシャドウも人気はありますが、やはり定番のパウダータイプは1番人気。

4色で1つのパレットになっているものが多く、

アイシャドウ初心者の方でも簡単に立体的かつ美しいグラデーションを作ることができます。

②リキッドアイシャドウ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Visée Official instagram💄さん(@visee_kose)がシェアした投稿

リキッドアイシャドウはちょっとセクシーな目元に仕上げる時に使いやすいです。

テクニックいらずで、誰でも簡単に流行りの濡れまぶたが完成します。

理想の仕上がりに合わせて塗り方を変える

またアイシャドウ初心者の方が知っておきたいのはアイシャドウを仕上げる際の塗り方。

①ラメを活かしたい時は指の腹を使う

指の腹は比較的まぶたに対して優しく、

リキッドアイシャドウやクリームアイシャドウを塗る時にとても便利。

その他ラメ感の強いパウダーアイシャドウも指の腹を使って、

ポンポン塗りましょう。

こうすることで、ラメが潰れることなく綺麗に馴染みます。

②ふんわり・しっかり発色はブラシを使う

アイシャドウブラシは幅広になじませる時はもちろん、

狭くなじませる場合でもかなり活躍するアイテム。

ふわっとした発色に仕上げたい時は、

力を入れず横にスライドさせるだけ。

しっかり発色の場合は、2〜3回重ね塗りしましょう!

初心者さんが使いやすいのはアイシャドウパレット!

単色のアイシャドウはもちろん、リキッドアイシャドウ、クリームアイシャドウなどさまざまなものがあります。初心者さんが特に使いやすいのは、4色入ったアイシャドウパレット。なぜなら、1つで立体的なアイメイクになるような色が組み合わさっていることが多いので、誰でも簡単にメイクを楽しむことができます。

また、4色入りパレットを使う場合は、それぞれに名前や使う意味がありますので覚えておくとメイクがしやすくなりますよ!

①ハイライトカラー

パレットの中でも比較的薄い色。まぶた全体に透明感を出してくれるので、アイシャドウメイクで最初に入れることが多いです。

②メインカラー

別名“締め色”とも呼ばれます。パレットの中でも1番暗い色で、まぶたのキワに入れて目元全体をキュッと引き締めたように見せてくれる色です。

③ミディアムカラー

別名“中間色”とも呼ばれます。それぞれの色をグラデーションに仕上げる際に活躍します。

【基本】実践!アイシャドウの基本的な塗り方

早速アイシャドウの基本的な塗り方をご紹介します。

今回使用するアイシャドウは、キャンメイク「パーフェクトスタイリストアイズ 19 アーバンコッパー」

大人気なこのシリーズでこちらは新色。

大人っぽい赤みコッパーブラウンで、メイク初心者の方でもかなり使いやすい色がギュッと集まっています。

繊細な粉なので、しっとりまぶたに密着してくれるのです。

透明感のあるキラうるトッピングジュエル(繊細ラメ)を下まぶたにスッとなじませるだけで、

簡単にウルウルな瞳を作ることができます❤️

① アイホールにハイライトカラーをなじませる

左上のハイライトカラーをアイホール全体になじませます。

こうすることで、気になるくすみのまぶたをオフすることができるのと、

次にのせるアイカラーの発色を美しくしてくれます。

② アイホール全体にメインカラーをなじませる

左下のメインカラーを二重まぶたより内側になじませます。

こうすることで、周りも思わずドキッとしてしまうような深みのある目元に仕上がります✨

③ミディアムカラーでグラデーションを完成させる

右下のミディアムカラーをハイライトカラーとメインカラーの境目をぼかすようにして、

まぶたの真ん中あたりから眉毛に向かってジグザグに広げていきます。

こちらで完成。グラデーションメイクが難しいと思われがちですが、

あえて他のカラーをなじませるようにして使うことで、誰でも簡単にグラデーションが完成します。

【応用】挑戦!アイメイクだけでなりたい印象に

基本的な塗り方を学んだら、次は応用編へ。初対面の人に大きく印象に残るのが目元。そのため、なりたい印象がある場合は、アイメイクを少し変えることで大きくイメージが変わります。

①たれ目風は下まぶた目尻に締め色を

つり目な方はもちろん、気になる彼とのデートでとろんっとした目元に仕上げたい!✨

なんて言う方は、たれ目風に仕上げます。

基本的なアイメイクで仕上げた後、下まぶたの目尻三分の一にアイシャドウの締め色をスッと入れることで、

たれ目風になります。

②目幅を縦に広げてデカ目に

またデカ目に見せたい!という方は、

目頭・目尻に締め色をなじませます。

あえてまぶた真ん中に色を入れすぎないことで、縦幅が強調され、目を大きく見せることができます。

オススメのカラコンは?

アイメイク初心者の方は、できるだけ使用するカラコンもナチュラルなものにしましょう。

そこでおすすめするのが、リリーアンナ。


とってもナチュラルなのに、しっかり目元を盛ってくれるようなカラコン。

アイシャドウにそれほど色をのせていなくても、しっかり目力を出してくれます❤️

 

アイシャドウ初心者の方はぜひ自分のお気に入りのメイクを見つけてみてくださいね!