コンタクトを初めて使用する方や、既に長年レンズを使っている方等全てのレンズユーザー様必見👀💡

 

コンタクトでよく聞く“含水率(がんすいりつ)”という言葉は皆さんご存じですか??

聞いた事あるけど実際よくわからない。なんていう方は多いと思います❗️

そこで、本日は“含水率(がんすいりつ)”について詳しくお伝えしていきたいと思います^^*

 

・含水率とは

含水率とは名前の通り、レンズにどれだけの水分が含まれているかを表しています。

含水率が50%を超えるレンズは、高含水コンタクトレンズ

含水率が50%を下回るレンズは、低含水コンタクトレンズ

と呼ばれています。👀💡

 

当店で販売している、LILYANNA製品を参考に見てみましょう^^*

含水率55%となっていますね😆❗️

ということは、こちらのレンズは高含水コンタクトレンズに分類されます😮✨

 

高含水率レンズは水分が多い為、着け心地が本当に良く瞳にフィットしやすいと言われています。

これだけで見ていると、

 

結局のところ水分は多い方がいいの??

と思いますよね。しかし❗️メリット、デメリットもやはり存在します。

次は低含水率と高含水率レンズのメリット・デメリットの紹介をしていきます。

 

・高含水コンタクトレンズ

メリット:水分が多い分、レンズが柔らかく着け心地が本当に良い。装用感が無い為、レンズをしている事を忘れてしまうくらいの着け心地感。なのでレンズ初心者の方にお勧め☺️

 

デメリット:レンズの水分を多く含有できる分、レンズが乾ききってしまった時にも多くの水分を必要とします。

又、レンズの乾きを元の状態に戻すまでには時間がかかり、元に戻すまでの間にもどんどん目の水分を吸収していきます。

=その為多くの水分を必要とし、低含水のコンタクトレンズよりも乾きを感じやすい。

 

となると含水率が低い方がいいの!?!?

・低含水コンタクトレンズ

メリット:高含水の逆で、レンズの水分を多く求めない分乾きに強い。特にドライアイの方にはおすすめ☺️

デメリット:水分が少ない分、ややレンズが硬めに作られている。水分を保っていないと目がゴロゴロ感じることも。

レンズ初心者の方には硬くつけ心地が悪く感じることも。

 

・まとめ

どちらもメリット・デメリットが存在し、良し悪しは個人差があるため、断言はできないのです><!自分の目にあったレンズを探すのが一番最適なのです。

 

又、ドライアイの方は一番はメガネ着用が理想なのですがTT やはりお洒落は楽しみたいものです😭!!

カラーコンタクトレンズをこれから初めて着けてみようと考えている方、新しいカラコンにチャレンジしてみようと考えている方、これを機にご自身の眼とカラコンの相性を考えてみてはいかがですか☺️??

 

そしてまた、ドライアイにならない為にもきちんとレンズ装用時間を守り、正しいレンズの取り扱い・ケアを行いましょう!😊

 

初めてカラコンを使用する方へ使用注意事項|LILYANNA

初心者必見 カラコンの洗浄・保存お手入れ方法|LILYANNA